旅打ちは東北を脱出して関東へ! これまでの立ち回りは通用するのか!?【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル9 vol.5】

勝負をかけたマイジャグラーⅣ実戦! これが驚きの結果に…

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2018年10月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで指定されたスタート地点から日本を巡ってゴールを目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回までの角屋角成・日向七翔によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。9代目の旅打ち人となる天香膳一(あまがぜんいち)による日本縦断の旅の模様をお届けしていきます。

2018年8月1日、北海道をスタート地点としそのまま日本列島を南へ。各都道府県でノルマを達成しつつ、1年かけての沖縄到達を目指す今回の旅打ち。企画が進むたび過酷度がアップしていく中、無事にクリアできるのか要注目!

また2018年当時の設置機種ばかりとなりますが、未体験の地での立ち回りの様子はみなさんの参考になること間違いなし! どんな機種でどのくらい勝っていくのか、その様子もあわせてチェックしてください!!


様々な情報の中からいかに有益なものを抽出できるか

好調だった福島県 果たして栃木県は?

AT機を中心に立ち回った福島県。初日に6万超えの負債を抱えても、冷静に立ち回りを見直し、結果を出せたことは今後の自信になりました。そして、福島県を後にし、関東圏の栃木県へと向かうのでした。

東北地方とは、立ち回りは変わるのでしょうか? 今まで通り最初は県内で店舗数が多い地域に足を運びます。地方によって設置機種・設定状況がどう違うか、しっかりと店舗の状況を確認しました。さらに、朝の状況も入念にチェックし、自分の中での立ち回りを構築。この環境下で最も勝率が高いと思われる方法でノルマを達成することを目指します。

次の埼玉県からはノルマが上がってプラス6万円となるので、栃木県も早めにクリアして移動したい所です。初日は並びの人数や朝イチの状況チェックを行い、2日目はマイジャグラーⅣの高設定狙いを決行。果たして、栃木県は順調にノルマクリアとなるのでしょうか?

徐々に増える負債 持ち直すことはできるのか?

自分なりにしっかりと状況を見定めてからの稼働でしたが、順調に増えていく負債。打てる台も少なく、少し頭を悩ませましたが、もう1度状況を考えて、立ち回りを見直しました。やっぱりすぐにクセを見抜けるほどアマくはないですね…。

福島県同様、AT機中心に立ち回っていましたが、なかなか打てる機会が少ないので、序盤に行なっていた高設定狙いを再度行うことに。冷静に店舗の状況を確認し、丁寧に狙い台を絞っていきます。そして栃木県に入って5日目となる10月7日。

行く予定のホールは特定末尾に高設定が入る傾向があり、朝からマイジャグラーⅣで実戦開始。序盤からブドウ出現率、単独REG出現率が良好で一安心。その台を終日打ち切り、一気に負債を巻き返す程の出玉を獲得する事に成功したのです。その後は勢いづき、ハイエナ稼働でも結果がついてきて一気にノルマを達成することができました。

店舗の状況を確認する事と狙いを絞り込む事。立ち回りの基本ですが、その2つを行うことで高設定に辿り着くことが出来ました。できる限り携帯でのデータチェックや、実際にホールを見に行くなど、やはり情報を多く獲得することが大事だと改めて感じた結果となりました。

今回はここまで! 次回(8月2日更新予定)もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー