パチスロ史上もっとも売れた初代「北斗の拳」が堂々の大賞機種に!!【PLAYBACK/スロミー賞特別編⑥】

独自のゲーム性と迫力のバトルボーナスで圧倒的人気に!!

ここまで復刻版としてお届けしてきた「スロミー賞」。

その特別編となる「最強回胴列伝」では、ここまで紹介してきた大賞機種を振り返り。ライター陣のコメントとともに歴代名機をじっくりと紹介していきます。

その第6回となる今回は6代目スロミー賞マシンである「パチスロ北斗の拳」にスポット! 2004年の機種とともに解説していくぞ。


今なお語り継がれるパチスロ界の金字塔!

2004年大賞機種 パチスロ北斗の拳(Sammy)

圧倒的な導入台数と人気で他の追随を許さず、「パチスロ北斗の拳」が大賞に輝いた。そのゲーム性は多くの新規ユーザーをも取り込み、まさに伝説となった。パチスロ史上最強のマシンといえるだろう。

60万台オーバーの怪物マシン!

それまで構築されてきたパチスロの概念を、根底から覆すような「バトルボーナス」。どこまで続くか分からないその死闘は、打ち手を魅了し続けて…気付けばパチスロ史上で最大の人気、そして設置台数となりました。

さらにパチスロ・パチンコの「色の強さ」の概念も、この台の「オーラの色」が発端となったんですよ。白や青は弱くて緑や赤は強い。色んな意味で業界に多大な影響を与えた一台です。

歴史上最も売れたパチスロ

総販売台数約62万台。北斗のないホールは存在しないと言っても過言ではなく、また全てのホールでほぼフル稼働という、名実ともにNo.1の機種。

ただ、個人的には、配列もゲーム性も肌に合いませんでした。当時、潰れる寸前だったホールが北斗を入れて数ヶ月後、内装を始めデータ機器や椅子まで新品に替わったのを見て、無茶苦茶儲かる機種なんだなーと、思ったのは良い思い出。

複数の小技を見つけた摸索豊作の年

この年はなんと言っても「北斗の拳」。ですが、自分は打ち始めるのが比較的遅かった。今でこそ当たり前ですが、AT中に設定差がない点がどうも好きになれなかったんですわ(笑)。

個人的には「デスバレー」のBIG中リプレイテンパイライン限定打法や、「ダンスナイト」のスベリによるコイン持ちアップ打法等を、連載ページの模索によって自力で発見した、満足度の高い年でしたね。

北斗の拳が約40%の得票率を占め、次いで大量獲得タイプの「主役は銭形」が2位となった。


今回はここまで! 次回PLAYBACK(12月16日更新予定)はスロミー賞特別編第7回をお届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー