役モノから3回ワンセットへ、そして…進化を続ける「ターミネーター」シリーズ!!【名機 the ORIGIN/vol.135】

初代マシンは役モノV入賞でBONUS RUSHがループ!!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシンの元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


2008年1月、独自のスペックを携えてターミネーター降臨!!

CRターミネーター2ジャッジメントデイ(Sammy)

かなりの変則スペックで登場し、パチマガ誌面でもV狙い打法など攻略要素満載でお届けしたのが「ターミネーター」シリーズの初代マシンにあたる「CRターミネーター2ジャッジメントデイ」です。登場時期は2008年1月となります。

スペックは上記の通りで2種類存在。どちらも確変が存在せず、初当り後はチャンスタイムに突入。その間に役モノのVに入賞すれば大当りという仕様となっており、連チャンに至るまでの流れにドキドキするゲーム性となっていました。

役モノ抽選の詳細は上記の通り。

初当り後のチャンスタイムは2or4or50回転となっており(連チャン中は5回転)、その間にV入賞するか否かがポイントでした。ハネにどのくらい玉が拾われるか、スペシャルルートを通るかどうか、などシンプルながらも手に汗握る要素が多数存在しており、チャンスタイム中は一瞬たりとも気を抜けませんでした。

演出も上記の通りで、映画の名シーンが満載。また大当りラウンド中にもドキドキの演出が用意されていました。

CRターミネーター2(平和)

そんな初代マシンはSammyから登場したのですが、2019年4月になって今度は平和から「CRターミネーター2」が登場!

こちらも3回ワンセットタイプという変則スペック。初当りの90%で突入する時短中に引き戻すことができれば確変へ必ず3回の大当りを獲得した後、時短へと突入する大爆発必至の仕様となっていました。

そんな激アツの歴史をたどっている「ターミネーター」シリーズですが、現在好評稼働中の「Pターミネーター2 TYPE7500」も負けず劣らずの激アツ仕様。「ULTIMATE HYPER BONUS」に突入すれば約5分で6000発が獲得できます! とにかく出玉感に物足りなさを感じている人にオススメの1台となっているので、ホールで見かけたらぜひ挑戦してみてください。

そんなパチンコ「ターミネーター」シリーズの最新マシンといえばこちら!!

Pターミネーター2 TYPE7500(アムテックス)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー