【パチンコ】その台、How much!?

【パチンコ】その台、How much!?

知られていないけど、超優秀! 「仕事量ツール」。

皆さんは、パチマガスロマガモバイル内で提供されている「仕事量ツール」をご存知です?

各パチンコ機種ページの攻略情報欄に設置。
中身はこんな感じ。

有料会員になると利用出来るパチンコ系のツールなのですが……。実はこれ超優秀なんですよ。

そもそも仕事量とは?

パチンコには、機種のスペックに応じて 千円あたりの回転率がボーダー以上回ると理論上は±0円となるボーダーラインがあります。

そのボーダーラインを上回った上で通常回転率を回した分、(理論上は)プラス収支になる。これが世に言うボーダー理論な訳です。

実収支ではなく、ボーダー理論にのっとって、今日はいくら稼いだのか…つまりいくら仕事したのかを表したのが『仕事量』といいます。

期待値と表されることもありますが、あくまで期待値は通常回転をほにゃらら回転回したら、いくら稼げるという予想の数値です。X界隈などでいくら期待値稼いだわぁ~とか見かけたことありません? あれは間違いなんですよね。

とはいえ!仕事量と期待値を正しく使い分けたところで勝ちに繋がるわけではま~ったくないです。(かくいう私も、最近まで間違えていましたから汗。)

期待値で慣れている方はそのままでいいですし、予測の数値(見立てで出した数値)と稼働終了後に出した数値で名前が違うんだと頭の片隅で覚えておいて下されば、ありがたい限りです。

意外と間違えている!? 回転率の求め方。

千円あたりの回転率の求め方として、多く散見されるのが、

① 頭の中でなんとなく数える。
② 千円毎に回転率を計測する。

以上、2つの求め方ですが……どちらも正しく千円あたりの回転率は求められていませんよ

①に関しては、最早論外です! 例え正しく求められていたとしても、それを証明することが出来ませんし、これを読んでいる貴方が行っているのであれば、自分は計測出来ていないと認識しましょう。人間の感覚はそんな正しくありません。

②に関しては、間違いではないです。ただし初当りを引いた際の回転率を正しく入力出来ないので、特に初当りが多くなる甘デジでは誤差が大きくなります

そもそも千円あたりのとはいいますが、正しくは250玉あたりの回転率です。(何故250玉あたりかというと4円貸し玉のホールが主流だから。)

ですので、正しく回転率を求める為には、千円あたりではなく250玉あたりの回転率を出す必要があるのです。

仕事量ツールが勝利に導く!!

初当り時にその区間使用した玉数を入力→連チャン終了後に当選したR数を入力する方式です。

その為、千円毎に入力する手間はありません

必要な情報を入力して区間データを追加する。それを初当り毎に行うと自動で回転率を計算してくれる。

初当りを引いていない状態(遊技途中)で、今の千円あたりの回転率を知りたい場合は、そこまで使った使用玉数を入力していただき、実戦結果を押していただければ確認出来ます。

その区間を修正出来るようになっていますので、初当りを引いた際に正しい情報を入力してください。

100回転でいくら回ったんだろ? 仮で入力っと
20/1Kで回ってるのか。続行!
連チャンがおわったから、修正。

現金、貯玉、持ち玉別で入力出来るので、非等価のホールで重要な持ち玉比率も自動で計算してくれます。

他の機能としては回転率シミュレートというものがあります。250玉あたりで何回回れば、目標の単価(1回転あたりのプラス)に届くのか教えてくれます。

獲得出玉や電サポの数値を変えれば、その数値を反映して回転率が変わる。

新ツール、近日公開予定!

パチマガスロマガモバイルでは、その他にもパチスロの設定推測をしてくれるツールなど便利なツールが盛り沢山!

近日中に、新たなパチンコツールも公開予定

リリースされた際には、パチマガスロマガFREEにてご紹介しますのでお楽しみに♪

最新パチンコ攻略情報はコチラ↓↓↓

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー