パチンコで駄作が生まれるのは、版権と製作者のせいですよね。【覆面パチンコ業界人T.,K】

パチンコで駄作が生まれるのは、版権と製作者のせいですよね。【覆面パチンコ業界人T.,K】

※『覆面パチンコ業界人T.,Kの忖度はナシの方向で』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

世の中には数多くの忖度が溢れています。パチンコ・パチスロ業界も然り。

このコラムは、そんな業界の中心部に身を置く1人の開発者が、色々なしがらみを振り払ってお届けします。

最新機種や人気機種の秘話、メーカー関係者ならではの裏話まで。

もちろん忖度はナシ…の方向で。

第34回 ・「世界観」×「ヒット機種」の方向で

やぁ。

T., K. だよ。

1/15に他媒体にはなりますが、「P-WORLDパチンコ&パチスロアワード2023」のパチンコ部門GOLD機種に京楽さんの『スマートぱちんこソードアート・オンライン』(以下、SAO)が選ばれたとのニュースを見ました。

ユーザー部門、ホール部門ともに最多得票だった様子で、まあそれは満場一致というやつだと思うんで何も感想はないんですけどね。因みにパチマガスロマガモバイルで開催されていた「キングオブパチンコ・パチスロ大賞2023」でもSAOは2位と高順位でした。

その「P-WORLDパチンコ&パチスロアワード2023」記事内で、当該機種プロデューサーのインタビューが掲載されており、詳細な内容は割愛しますが、“パチンコ都合ではなくコンテンツの世界観を最優先した”とのこと。

いやあ、いいですね

この姿勢を保てた版権機は少なくとも原作を好きな方から叩かれにくいし、評価・稼働結果に結び付いた機種も多く、自分も大賛成です。ただ、ただね。これはギリギリの線歩いてますよって感覚は持っておかないと非常に危険でもあります。

ないがしろにしてはいけないパチンコの共通認識。

と、いいますのもそれにチャレンジして作られたことにより、“とんでもパチンコ CR●●”になった版権機械も無数にあるんですよね。

「リーチ」と言わない。

「信頼度」の高低が掴みにくい。

そもそもゲーム性のルールが伝わらない。

パチンカーの皆さんなら共感して下さるのではないでしょうか。

面白い事なんですけど、パチンコパチスロってこれまでのヒット機種たちが存在したおかげで多数の“共通言語”に彩られてます

「リーチ」とか「テンパイ」といえば3つの数値の内2つが揃う事だし、逆にそうなったのにその表示や発生がないとめちゃ気持ち悪いです。

青は低信頼度で赤や金色は“当り”が期待できる、なんてのもパチンコ界が勝手に作ったルールですけど、異を唱える人はもはや居ないでしょう。

原作を知る人なら“この場面は!”と盛り上がる描写をゲーム性の重要局面に持ってきても、“知らない人”への説明テロップが無いと当たったにせよハズレたにせよ“なにがなんだか”になりかねません。

これらをその版権キャラにやらせることで“世界観崩壊”し、稼働実績に懸念されるくらいなら、そもそもその版権を機械にすることの方を避けた方が良いと考えるべきで、“パチンコとしての最低共通言語”を保持しないリスクは絶対避けた方が良いというのが私の版権持論です。

話題のスマパチ、スマスロ最新情報は『パチマガスロマガモバイル』で!

忖度はナシの方向で関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー