伝説の連チャン機も誕生! ドットマシンといえばこのメーカー!【PLAYBACK/パチンコ進化論 液晶非搭載機【ドット編】②】

ドットだからといって侮れない! 演出の魅せ方も多種多様!!

※当該記事は2016年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。また白黒の写真が中心となりますが、ご了承ください。


「パチンコ攻略マガジン」誌上にて2016年7月より連載が開始されていたのが「パチンコ進化論」。2016年までのパチンコの歴史、その細部にまで焦点を当て、紐解いていく企画となっていました。そして今回、その誌面記事をWEB上に完全再現! あらためてパチンコの歴史を確認していきます!!

第9回目となる今回のテーマも前回に引き続き今では珍しくなっている「液晶非搭載機」。その中から前回はドラムと7セグにスポットを当てましたが、今回はもう1つの表示方式である「ドット」に注目。ただの点の集合体のように思えますが、じつはそのパターンは多種多様。数字以外にも様々な演出を展開してくれます。そんな「ドット」搭載マシンの歴史をまとめて振り返り!!


【マルホン】

攻略アリの爆連権利モノ!

「ソルジャー」は大連チャンが可能な天国モードがあり、このモード突入を狙う攻略法が発覚。圧倒的な爆発力で、屈指の大ヒット作となった。

カラードットで一時代を築いたマルホン!

モーニング&時短の連チャン機「ロックンビート」、小当りからも3回権利獲得の可能性があった「スイスイマリン」、時短突入抽選が激アツだった「ジャングルハウス」や「ファンキードクター」等々、ドットの名機を量産したのが他ならぬマルホンだ。デジパチや権利モノからハネモノまで“ドットといえばマルホン”だった。

「シャカRUSH」はシャカ役モノや名機のパロディ演出が好評となり人気シリーズに。2014年には「シャカRAP」というハネモノも登場。

【大一(Daiichi)】

「CRビッグソロッター2」は当時そのドットのデカさだけでなく、最低設定の3だと1/450.5という激辛スペックで知られた。電チュー開放狙いで大連チャンもあった「エスケープ2」(1・3・5・7で時短突入2・4・6・8で終了)は名機。

【京楽・まさむら(現OK!!)】

大当り終了後中出目に奇数で確変突入した「ピンボール」、357揃いで3回権利他は1回権利の「天国KISS」など個性的なドット機多数。

今回はここまで! 次回(5月26日更新予定)では様々なメーカ-のドット機をお届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー