貸玉料金が内税のホール、例えば4.35円の店のボーダーラインの考え方【パチンコ正攻法】

貸玉料金が内税のホール、例えば4.35円の店のボーダーラインの考え方【パチンコ正攻法】

【第36回】消費税とボーダーライン

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

2014年に消費税が5%から8%へ増税。

2019年には食品を除いて8%から10%へ増税。

これに伴い、パチンコ業界でも貸玉料金にかかる消費税を「外税」にする動きが出てきた。

 

従来1000円で250玉(1玉4円)のところ、1000円で232玉(1玉4.31円)、1000円で230玉(1玉4.35円)など、ホールによって多少バラツキが出ているようだ。

一方、従来どおり1000円250玉(1玉4円)のままとする内税方式のホールも多くある。

この場合、1玉4円のうち3.636円が本体価格で、残る0.3636円が消費税分ということになる。

 

まず念頭に置いておきたいのは、玉貸料金や交換率というのは人間が勝手に決めたものであって、台の動作そのものには何の影響もない

貸玉料金を変えることにより消費税分を捻出しようとするホール側の工夫に過ぎないのだ。

 

1玉4円の場合、1000円で250玉になるから、千円あたりのボーダーライン=250玉あたりのボーダーラインと言い換えられる。

台そのものは玉1個1個を打ち出したり入賞させたりするだけの機械に過ぎない。だから玉1個の価値は台にとっては常に変わらない

よって「250玉あたりのボーダーライン」は常に変わらないのだ。

 

ところが、1000円230玉(1玉4.35円)になると、千円=250玉ではなくなってしまう。

250玉あたりのボーダーラインは変わらないのだが、この場合は230玉あたりのボーダーを算出しなければならない。

 

4円貸玉・等価交換のボーダー計算式は、

=大当り確率分母/(初当り平均獲得出玉数/250)

であるが、この250の部分が230に変更すれば良い。

 

たとえば250玉あたりのボーダーが18.0回の場合、230玉では16.56回となる。

250玉で18回転なのだから、230玉で回せる数はそれよりも少し減るという単純な理屈だ。

100玉単位や1000玉単位に換算すればどちらも同じ回転率になる。

 

ただ、問題はここからだ。

玉貸料が1000円230玉(1玉4.35円)だとしても、交換時にも同じ1玉4.35円になるホールは一部の地域の一部のホールだけだろう。

 

玉貸料230玉/1000円(1玉4.35円)のとき、仮に投資が1日40000円かかったとすれば、玉数にして9200個分になる。

これを4円で交換すると36800円。

その差3200円分が換金差損になる。

 

この換金ギャップを乗り越えるためには大体、千円あたり0.5回転ほど余分に回る必要がある(機種などの条件によるが)。大雑把ではあるが、消費税分を克服するためにはプラス0.5回と考えておけば概ね間違いはないだろう。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー