ハマリの発生確率はこれで計算できます!【パチンコ正攻法】

ハマリの発生確率はこれで計算できます!【パチンコ正攻法】

【第56回】ハマリの発生率

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

確率抽選には、結果として「波」らしきものは存在するが、それは何らかの規則や法則に基づくものではない。たとえどんな幸運や不運が起ころうとも、それはタマタマ起こったものであり、事前にそれを予測するのは不可能だ。もし予想が当たったように思えてもそれも単なる偶然であり、ずっと予想を当て続けることは不可能である。

であるから、ハマリももちろん「予測」することも避けることもできない。

 

ただ、ハマリの発生確率を計算することはできる。

たとえば1000回転ハマったと場合、それがどれくらいの確率で起こるのか。初当りを100回引いたとすれば、うち何回ぐらいが1000回転以上ハマるのかを計算することは可能である。

前回「ハズレを引く確率」というのを説明した。大当り確率/320の台ならば、319/320がハズレ確率になる。ハマるということは、このハズレを連続で引くことに他ならない。

以下同様に1/320の台を前提に話を進める。

 

まず「1回転まわして当たらない確率」は、もちろん319/320になる。パーセントに直すと99.69%となる。

裏を返せば1/320(0.31%)は1回転で当たることになる。

では2回転まわして当たらない確率はというと、319/320を2回掛け合わせればよい。

(319/320)✕(319/320)

= 0.9938 = 99.38%

裏を返せば0.62%は2回転以内に当たることになる。

同じ要領で10回転でも100回転でも1000回転でも計算できる。

たとえば確率通りの320回転まわしても当たらない確率は

(319/320)³²⁰=36.73%

となる。

同様に、320回転以内に当たる確率は100%からこれを引いて63.27%と計算できる。

1000回転まわしても当たらない確率は319/320を1000回連続で引くわけだから、

(319/320)¹⁰⁰⁰と計算すればよい。

結果は4.37%となる。

これは、初当りを100回引いたとすればそのうち4回強が1000回転以上のハマリになることを意味する。

また、「初当り◯回に一度」という表現に変換するには100%÷4.37%と割り算すればよい。結果は22.87となるので、つまり初当り約23回に一度の割合で1000回転以上ハマるという意味になる。

 

次回も引き続きハマリ関連のネタを予定している。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー