「ヒキ弱のあとは反動でヒキが良くなる!それが『収束』!!」という説【パチンコ正攻法】

「ヒキ弱のあとは反動でヒキが良くなる!それが『収束』!!」という説【パチンコ正攻法】

【第53回】実証!確率ムラの世界

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

大当り確率1/320の台で10回の初当りを引くという実験をパソコン上でしてみた。

ここでは確変や時短は無視し、通常時からの初当りのみに着目している。

初当りを10回引くまでに要した回転数を列挙したのが以下の数値だ。

178
693
166
744
268
56
81
213
924
191

最初の10はこのようになっている。

ごらんのように81回転という早めの当りから924回転というハマりまである。

10回分の平均初当り確率は1/351となっており、本来の確率1/320よりも1割程度ヒキが弱かったという結果だ。

 

では次の10回分を見ていただこう。

550
83
1100
138
340
429
614
433
174
202

100回転以内の初当りは一度だけ。500回転オーバーが3回、うち1回が1000回転以上とハマリが多い。10回分の平均初当り確率は1/482と、元確率より5割程度悪くなっている。

 

では次の10

424
62
36
17
100
196
87
119
85
700

今度は一転して100回転以下での大当りが5回もあり、しかも50回転以内が連続で出ている。確率分母以上ハマっているのは2回しかない。10回分の平均初当り確率は1/183とかなりヒキが良くなっている。

ただ、気をつけてほしい。前の10回でヒキが悪かったから反動で今度は良くなったと考えるのは誤りである。ヒキが悪いのもタマタマならば、ヒキが良いのもタマタマなのだ。どちらのタマタマが来ても全く不思議ではない。悪いタマタマが連続で来るケースも当然あるものと覚悟しておこう。

 

では次の10回分

310
818
16
201
415
255
42
62
19
93

どうやら、良いタマタマが連続で来たようだ。

100回転以内の当りが10回中5回を占め、一度大きめのハマリがある以外はどれも比較的早く当たっている。10回分の平均初当り確率は1/223とかなり良い。

 

ちなみにこの次の初当り10回では平均1/409、その後は1/2881/1801/5201/428と続いている。

このように1/520の次に1/428が続くなど、「悪いタマタマ」が続いた例もしっかり確認された。

 

こんな感じで大当り10回分×10回、計100回分の初当りを引いたところで100回分の平均初当り確率を出してみると1/332となった。これは元確率の1/320付近におおむね落ち着いたと言っていい結果だ。

ただし、初当り100回分引いても元確率から1~2割ズレてしまうこともあるだろう。2割というと1/2561/384と結構幅広い。

 

結論としては、初当り100回分引いた場合、なんとなく元確率付近まで収束する場合が多いが、「付近」と言ってもその幅は結構広いということになる。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー