実は遊タイムがボーダーラインに与える影響って…【パチンコ正攻法】

実は遊タイムがボーダーラインに与える影響って…【パチンコ正攻法】

【第63回】遊タイム~ボーダーへの影響

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

前回に引き続き、遊タイムについて。

機種は同様にP大海物語4スペシャルを例にとりあげる。

P大海4SP 遊タイムの仕組み

  1. 通常時950回転(時短含む)消化で350回転の時短(遊タイム)に突入
  2. 一度突入したら、同一ハマリ間での再突入はなし。

このような仕様になっている。

当たった場合の確変突入率は通常時と同じだが、時短がすべて120回転になるので、通常時よりも幾分有利となる。

 

当たった場合の平均連チャン数は3.034回。

1回1400個とすると平均獲得出玉は

1400×3.0344248.2

となるが、電サポ中の玉減りも考慮せねばなるまい。

確変・時短で1回転あたり0.9個減とすると約4060.5個となり、さらに遊タイム中に玉が減る分を考慮すると3868.9となる(玉減りについての詳しい計算方法は今後改めて解説する予定)。

 

ともかく、当たれば平均4000個近くの出玉を得ることができる。しかし問題は遊タイム中に当たるかどうか。

前回説明したように、時短350回転で当たる確率は66.61

2/3の確率で当たり、残る1/3は当たらず終了となってしまう。

 

いや、当たるかどうか以前に、遊タイムそのものが発動しなければ意味がない。

 

遊タイム発動の条件である通常時950回転より前に当たってしまう確率はなんと94.91もある。遊タイム発動率は5.09しかないのだ。

時短中は除外し、100回転消化時点からみると遊タイム突入率は6.97%、120回転消化時点からだと7.42%となる。

両者を総合した遊タイム突入率7.26(初当り約14回に一度)となる。

 

まとめると、P大海4SPの遊タイムは初当り後7.26%の確率で突入し、その場合は66.16%の確率で当たる。そして当たれば平均3868.9個を獲得できる。

これを初当り1回あたりの期待出玉に換算すると187.1となる。

初当りごとの平均出玉は、遊タイムなしで計算すると3975.5。これに遊タイムの上乗せ分187.1個を加えると4162.6となるのだ。

 

等価ボーダーにすると千円あたり0.9回転差となる。これで遊タイム=オマケに過ぎないことをご理解いただけただろうか。

機種により遊タイムの仕様は異なるものの、どれもボーダーに大きく影響することはないだろう。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー