大都技研と山佐、4号機といえばこの機種を語らないわけにはいかない!【PLAYBACK/平成名機カタログ展④】

ファンの方はあまり見ることのないパチンコ・パチスロ販促用の「カタログ」。最近は製作するメーカーも減っており、より貴重な存在となっている。

そこで、ここでは「平成名機カタログ」と題し、歴代名機の販促用カタログを大公開! はたして各機種はどんなカタログを制作し、アピールしてきたのか!? ぜひこの機会にじっくり味わってください!


カタログにも両メーカーの特色が出まくり!

■大都技研編

今では番長シリーズの常識ともいえる青7の強さを印象付けているのが特徴的。BIG中の演出も細かく解説されている。

秘宝伝は押忍!番長と同じく観音開き仕様となっており、コチラは扉が大きく描かれている。ページを開くと大きなピラミッドが登場し、高確率とボーナスが織り成すゲーム性が視覚的に分かりやすいデザインとなっている。

「バンバン」は当時としては革命的な機能といえる「シフト持ち越し」を大きく打ち出し、その仕様を細かく解説。「シェイク」では本機から登場するキャラクターを前面に押し出し、デザイン性が大きく向上。この流れは吉宗以降にも受け継がれている。

「キャメロット」は大都技研参入第1弾マシン。有名キャラクターデザイナー松下氏と、作曲家・久米氏の紹介文を掲載。新規参入の本気度が伺える。

■山佐編

「キングパルサー」はパチスロのカタログとしては異例の16ページというボリュームで、パルサーの歴史から細かなスペックまで丁寧に解説されている。

「ネオプラネット」は表紙にクリアなカバーが用いられ、当時の最先端技術であった透過液晶・ELビジョンが表現されている。

大ヒット機ニューパルサーの後継機である「ニューパルサーR」のカタログは蘇生魔法と称し復活をアピール。表紙には魔法を唱えている実写の魔女が大きく掲載されている。

3Dで描写されたドラゴンと稲妻が特徴的なデザインでAT「サイバーラッシュ」の荒々しさを表現した「サイバードラゴン」のカタログ。山佐としては珍しく見開き仕様となっている。

「ピカ吾郎」のカタログは非常に珍しく、マンガを用いて機種の特性を解説。「コイツが噂のピカ吾郎」のキャッチコピーの下には気象予報士に扮したピカ吾郎がコマを締めくくっている。

今回はここまで! 次回もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー